福岡ソフトバンクホークスの名選手や現役選手と言えば?


楽天TV(旧名:楽天 showtime)で配信が決定したパ・リーグ。
配信が決まりましたので、福岡ソフトバンクホークスの名選手・現役選手について調査しました!

パリーグ配信決定の楽天TV特設サイトをチェック

名選手

福岡ソフトバンクホークスは、前身の南海軍から続く流れでみると80年の歴史を持ちますが、ソフトバンクが親会社となってからそれほど時間は経っていませんよね。
それだけに福岡ソフトバンクホークスに限れば、選手の顔ぶれも比較的新しい選手が多くなっています。

福岡ソフトバンクホークスの名選手として、まず忘れてはならない二人の選手が、松中信彦氏と小久保裕紀氏。

松中信彦

松中信彦氏はホークスがソフトバンクに変わる前年の2004年に三冠王を獲得している強打者であり、親会社がソフトバンクに変わってからもその打棒を振るい続けました。
晩年は故障に悩まされ続けましたが、それでも福岡ソフトバンクホークスを代表する名選手の一人と言えるでしょう。

小久保裕紀

ダイエーホークス時代から所属していた小久保裕紀氏も、ミスターホークスにふさわしい選手といえます。
諸事情で巨人に無償トレードされていた時期もありましたが、2007年に復帰をしてからはチームの精神的支柱としての役割をはたしていました。
全盛期ほどの活躍をすることはできませんでしたが、それでも存在感は抜群の選手でしたよね!
最終年には2000本安打も達成し、球史に名を残していった選手です。

2018年現役選手

内川聖一

現役選手でいうと、はMLBに挑戦しその後再びホークスに復帰をした和田毅、ヤクルトからMLBを経てホークスに入団をした快速球投手の五十嵐亮太、横浜から移籍して初年度に首位打者を獲得してからずっと安定した成績を残し続けている内川聖一などそうそうたるメンバーが揃っています。

和田毅

五十嵐亮太

そしてとくに近年の活躍が目覚ましい選手に、柳田悠岐がいます。
走攻守すべてが揃うことで達成できるトリプルスリーを達成し、加えて首位打者も獲得するという強打者なんです。

2018年には30歳を迎え、まだまだ成長も期待できる選手なので、次世代のミスターホークスとしても注目されています。
このように福岡ソフトバンクホークスは、ソフトバンクとしての歴史は浅くてもチームとしての歴史は深いんです。
それだけに最近の選手でも、豪勢な顔ぶれが揃っているみたいですね。

柳田悠岐

最後に

福岡ソフトバンクホークスの名選手や現役選手をご紹介しました。
楽天TV(旧サイト名:楽天showtime)ではパ・リーグの試合が視聴できるようになります!
視聴開始は今年の開幕戦からで、2018年3月30日の18:30からとなっております。
これからは見たい時にプロ野球観戦が出来るようになりますね♪

パリーグ配信決定の楽天TV特設サイトをチェック