パリーグとセリーグの違い

楽天TV(旧名:楽天 showtime)で配信が決定したパ・リーグ。
今回はパ・リーグとセリーグの違いを調査しました。

パリーグ配信決定の楽天TV特設サイトをチェック

セリーグ、パリーグの歴史

プロ野球はセリーグパリーグの2つに分けられていますが、実はかつては分かれておらずに同一リーグにて試合を行っていた時期がありました。
同一リーグにて試合を行っていた頃は、どちらも日本野球連盟という連盟に加盟していたのですが、ある一件がきっかけになり日本野球連盟が分裂した事により、リーグも2つに二分される事になります。

分裂したきっかけ

きっかけになったのは1949年に新たに野球チームとして入団したいという組織が相次いだ時期が関係しており、引き金になったのはその中の一つとしてあった千葉ロッテマリーンズの前身のチームです。

野球チームとして参入の有無を話し合いした際に意見が合致せず、分かれたままになった状態で話は平行線をたどっていきました。

参入に好意的な見方をしたのが現在のパリーグで、一方難色を示したのが現在のセリーグという様相であり、翌年の1950年には早くもセリーグパリーグとして分けた形でスタートする事になります。

元々の目標

流れ上、千葉ロッテマリーンズの前身として活動していたチームが引き金となって2つのリーグに分かれた事は事実であるものの、実は遅かれ早かれ分ける計画があったという情報もあります。

それは、分裂騒動が巻き起こる前から近い将来日本もアメリカのメジャーリーグに則って2リーグにし、12球団で戦えるようにすべきであるという目標が持たれていたためです。

アンバランス

翌年にはすぐにリーグが分けられたものの、アメリカのようにどちらにもバランス良くファンが付き観客席から声援が送られるという事は無く、圧倒的にセリーグの方に人気が集中してしまう始末でした。

ファンは全国に点在している上にテレビ中継が行われるのは決まってセリーグの方であり、もう一方は土日の試合でさえも閑古鳥が鳴く事が珍しくなかったです。

現在のプロ野球

しかし、現在のように平日でも大勢のファンがドーム球場などに足繁く通うようになり、尚且つ若い女性ファンも目立つようになったのは人気を高めるべく、あらゆるアイディアを考案して実現させてきたためです。

また、現在ではプロ野球全体で採用されている制度もパリーグから始まった事が多く、クライマックスシリーズ予告先発投手の発表などが当てはまります。

さらに、以前は成績の差大きな開きがありましたが、今日では交流戦でも互角の戦いを見せていますし、日本一になるのがパリーグという事も決して珍しく無くなり、分かれたからこそ非常に充実度と選択の自由が増えました。

最後に

パリーグとセリーグの違いをご紹介しました。
楽天TV(旧サイト名:楽天showtime)ではパ・リーグの試合が視聴できるようになります!
視聴開始は今年の開幕戦からで、2018年3月30日の18:30からとなっております。
これからは見たい時にプロ野球観戦が出来るようになりますね♪

パリーグ配信決定の楽天TV特設サイトをチェック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする