千葉ロッテマリーンズの名選手と現役選手

楽天TV(旧名:楽天 showtime)で配信が決定したパ・リーグ。
配信が決まりましたので、パ・リーグの千葉ロッテマリーンズの名選手と現役選手を調査しました。

パリーグ配信決定の楽天TV特設サイトをチェック

現役名選手

パリーグに所属している千葉ロッテマリーンズは数々の名選手を生み出しています。
有名な現役選手には石川歩・角中勝也・佐々木千隼などの各選手が在籍しています。

石川歩

石川歩2013年千葉ロッテマリーンズ投手として入団
2014年は開幕一軍スタート、富山県出身として初の新人王にも輝いています。

セットポジションからインステップ気味に踏み込んで投げ下ろすフォームが特徴で制球の安定感には定評があります。

2016年には侍ジャパンの強化試合で日本代表に、2017年にはWBCメンバーに選出されるなど日本屈指の投手です。

角中勝也

角中勝也選手は2016年には5番・左翼手として開幕スタメン出場し、3番に定着後は4番を任されることもありました。
最終的には首位打者、自身初となる最多安打も獲得しています。

バットを短く持ち、重心を低くした構えから巧みなコントロールと俊足を備えているのが特徴です。

2017年は3番左翼手で開幕スタメン出場を果たしますが、対オリックスバファローズ戦で右脇腹を痛めるケガを負ってしまいます。
粘りの回復で復帰後は安打を重ね4番を任されることもありました。
対北海道日本ハムファイターズ戦ではランニングホームランを放つなど復帰ぶりをアピールしています。

彼はアイランドリーグ時代からプロになるために、公園で夜でもバットの素振りをしていたという努力家です。
ケガにも挫けず何度でも立ち上がる不屈の闘志を持っています。

佐々木千隼

大型新人投手である佐々木千隼も見逃せません。
サイドスローに近い投球フォームで6種類の変化球を武器としています。

2016年ドラフト1位千葉ロッテマリーンズに入団。
2017年4月6日の対日本ハム戦でプロ初登板、初先発初勝利を記録しています。

その後は成績の不調で2ヶ月間の二軍での調整を余儀なくされるも一軍復帰後9月13日、対日本ハム戦プロ初完投勝利を挙げるなど今後も期待される選手です。

過去の名選手

千葉ロッテマリーンズに在籍していた過去の名選手には、2005年31年ぶりとなる日本一へ導いた高い打撃力を持つ選手たちが挙げられます。
今江敏晃選手西岡剛選手が台頭して、当時の千葉ロッテマリーンズは「マリンガン打線」と呼ばれ、どの打順からでも点を取れるとおそれられていました。

今江敏晃

今江敏晃選手2015年で契約満了し、東北楽天ゴールデンイーグルスへ入団しています。

西岡剛

西岡剛選手は、2003年の6月21日より一軍初昇格し頭角を現していきます。
その後も2006年WBC日本代表二塁手として選出。
チームを支え続け2010年にはキャプテンに就任し、同年にツインズと契約して2011年メジャーデビューを果たしました。

最後に

千葉ロッテマリーンズの名選手と現役選手をご紹介しました。
楽天TV(旧サイト名:楽天showtime)ではパ・リーグの試合が視聴できるようになります!
視聴開始は今年の開幕戦からで、2018年3月30日の18:30からとなっております。
これからは見たい時にプロ野球観戦が出来るようになりますね♪

パリーグ配信決定の楽天TV特設サイトをチェック