東北楽天ゴールデンイーグルスの現役選手や名選手

楽天TV(旧名:楽天 showtime)で配信が決定したパ・リーグ。
配信が決まりましたので、パ・リーグの東北楽天ゴールデンイーグルスの現役選手や名選手について調査しました!

パリーグ配信決定の楽天TV特設サイトをチェック

東北楽天ゴールデンイーグルスの代表格だった現役選手

田中将大

東北楽天ゴールデンイーグルス2005年プロ野球に参入し、日本一もすでに経験しています。
いままで多くの選手が活躍してきましたが、その中でも有名な現役選手といえば、田中将大選手ですよね。

田中将大

田中将大選手は、ドラフト1位指名されると当初から1軍で活躍をし続け、高卒1年目にして2ケタ勝利をマークしています。

東北楽天ゴールデンイーグルス日本一になった2013年には、大記録の24連勝をたたき出しメジャーリーグへと旅立った田中将大選手。
東北楽天ゴールデンイーグルスの生え抜き選手を見ても、ダントツの選手といっても過言ではありません。

田中将大

現役名選手

則本昂大

他には則本昂大選手も有名な現役選手の1人です。
則本昂大選手も1年目から先発ローテーションを守り続け、2ケタ勝利を続けています。
とくにストレートの回転数メジャーリーグ級メジャーリーグのスカウトマンたちも注目する選手となっています。

則本昂大

2017年には8試合連続2ケタ奪三振をマーク。
日本記録を達成するほど奪三振の多い投手としても有名。
なんと1年間の平均で、200程度の奪三振を記録しているんです…!
「田中選手が抜けても則本選手がいる」環境が、東北楽天ゴールデンイーグルスの強みであり、上位争いに食い込んでいる理由の1つかもしれません。

過去の名選手

山崎武司

過去の名選手では山崎武司選手を忘れてはなりません。
山崎武司選手は元々中日やオリックスにいましたが、2005年の参入時に東北楽天ゴールデンイーグルスの一員となりました。
最初のシーズンからいきなり25本塁打をマークするなど復活をアピールしましたが、中でも2007年本塁打43本打点108打撃二冠を達成します。

山崎武司

この時にはすでに38歳だったこともあり、そうした年齢でもそれだけの本塁打は打てることを証明して見せました。
それから数年間も活躍し続け、44歳で現役を終えることになります。

その他の名選手

他にもメジャーリーグで大活躍したアンドリュー・ジョーンズ選手も在籍するなど、多くの名選手がいました。

アンドリュー・ジョーンズ

2005年から在籍して今も現役という選手はかなり限られていますが、その中の1人である岩隈久志選手はメジャーリーグでまだ現役を続けており、活躍が期待されています。

岩隈久志

東北楽天ゴールデンイーグルスの歴史はまだまだ浅いものの、他の球団には負けないほどの濃厚さがあるだけでなく、歴史が脈々とつながれていくような姿に多くのファンが声援を送り続けることは間違いありません。

最後に

東北楽天ゴールデンイーグルスの現役選手や名選手をご紹介しました。
楽天TV(旧サイト名:楽天showtime)ではパ・リーグの試合が視聴できるようになります!
視聴開始は今年の開幕戦からで、2018年3月30日の18:30からとなっております。
これからは見たい時にプロ野球観戦が出来るようになりますね♪

パリーグ配信決定の楽天TV特設サイトをチェック