春の選抜の最速投手は?何キロで投げるの?最速王5選!


第90回記念選抜高等学校野球大会が3月23日(金)から4月4日(水)までの13日間、開催されています。

出場校は、36校で、一般選考32校、21世紀枠3校、神宮大会枠1校です。今大会の投手で最速王は誰なのか?調べてみました。

三重高校だけに、見えない速球が持ち味!

最速:150キロ
名前:定本拓真(さだもと たくま)
身長:182cm
体重:85kg
ポジション:投手
野球スタイル:右投げ左打ち
都道府県:三重県
高校名:三重高校

三重高校では1年時から主戦投手として活躍。

181cm85kgという恵まれた体格から投げ下ろすMAX150kmのストレートはプロ注目。

大阪桐蔭のNEO二刀流


最速:148キロ
名前:根尾 昂(ねお あきら)
身長:177cm
体重:77kg
ポジション:遊撃手・投手
野球スタイル:右投左打
都道府県:大阪
高校名:大阪桐蔭

中学3年生にして、最速146キロを出したことは有名。
阪神が今秋のドラフト会議で、大阪桐蔭高・根尾選手を、内野手として1位指名候補に挙げています。

高校球界の注目の2年生ピッチャー

最速:147キロ
名前:井上広輝(いのうえ ひろき)
身長:180cm
体重:76kg
ポジション:投手
野球スタイル:右投右打
都道府県:東京都町田市
高校名:日本大学第三高校(日大三高)

高校野球ファンならご存知の兄・井上 大成はU-18代表。兄ゆずりの強肩を誇る逸材。

今大会でも145キロをマークしたが、1回戦で敗退しています。

四国の巨人


最速:147キロ
名前:土居豪人(どい ひでと)
身長:191cm
体重:80kg
ポジション:投手
野球スタイル:右投右打
都道府県:愛媛県松山市
高校名:松山聖陵高校

プロ注目の逸材投手。センバツ2回戦(対近江)で147キロの今大会最速タイを出しましたが、敗北しました。


このときネット裏ではプロのスカウトが3球団きていました。そのスカウトのスピードガンでは、148キロを測定したそうです。

高知生まれの高知育ちのサイドスロー


最速:146キロ
名前:市川悠太(いちかわ ゆうた)
身長:183cm
体重:80kg
ポジション:投手
野球スタイル:右投右打
都道府県:高知県
高校名:明徳義塾

明徳史上No.1投手とも評価され、プロ注目投手の一人。


スリークォーター気味のサイドスローから、最速145キロのストレートを投げ三振を量産!さすがに、打者もコチコチ(高知高知)。

13年ぶりの選抜を決めた、1年生速球派右腕


最速:146キロ
名前:奥川恭伸(おくがわ やすのぶ)
身長:181cm
体重:78kg
ポジション:投手
野球スタイル:右投右打
都道府県:静岡県
高校名:星陵

1年生でエースの奥川投手の活躍により、13年ぶり12度目となる春のセンバツが決まりました。


奥川投手はまだ1年生なので、静岡県の勢力(星陵)図が変わりそうですね。

最後に

2018年春の甲子園に出場している最速投手5人をご紹介しました。
ここに紹介しなかった投手でも140キロ以上を投げる投手が多いことにビックリしました。
今年はプロ注目の逸材が多いのかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする