埼玉西武ライオンズ2018年の戦力分析

2018年の埼玉西部ライオンズの戦力を分析すると注目の選手がいる事が分かります。
まずは投手陣です。
先発投手陣の選手の顔ぶれを去年の成績を踏まえて見てみると、菊池雄星ウルフ十亀剣多和田はほぼ確定です。
他にも先発候補として高橋光成岡本洋介高木勇人斉藤大将がいます。
今回は埼玉西部ライオンズの戦力を分析します。

注目の投手

菊池雄星

菊池雄星

注目の投手はやはりエースの菊池雄星です。
去年と同じように活躍してくれれば優勝に近づく事ができます。

高木勇人

高木勇人

またジャイアンツから移籍してきた高木勇人も未知数ですが注目の投手です。
セリーグからパリーグに移籍して環境が変わりましたが再起をかける思いは強いはずなので期待出来ます。

斉藤大将

斉藤大将

あと新人の斉藤大将も切れ味の鋭いスライダーを持ちボールを低めに集めることも出来三振も取れるピッチャーなので先発投手不足で悩むライオンズにとっては期待の存在です。

武隅祥太

武隅祥太

武隅は昨年安定した活躍を見せたので今年も安定感が変わらずあればホールド数をかなり稼げる存在になります。

大石達也

大石達也

大石も昨年は登板数こそ少なかったですが、防御率は0点台なので、一年を通して投げる事が出来ればチームの戦力になってくれる事は間違いないです。

増田達至

増田達至

クローザーは今年も増田達至でほぼ確実です。
昨年は28セーブしていますので今年は30セーブ以上が期待されています。

注目の打者

秋山翔吾

秋山翔吾

次に注目の打者ですが、やはりセンターの秋山翔吾です。
昨年の首位打者で最多安打ベストナインゴールデングラブ賞を受賞しているので今年も大活躍間違い無しです。

森友哉

森友哉

また捕手の森友哉も見逃せません。
正捕手の座はまだ取れていませんがバッティングセンスは抜群です。
昨年100試合以上マスクをかぶった岩谷の座を奪う事が出来るかが注目です。

中村剛也

中村剛也

また三塁の中村剛也やメヒアも本塁打を増産出来るので注目の打者です。

松井稼頭央

松井稼頭央

他にも今年西部ライオンズに復帰した松井稼頭央も見逃せません。
まだまだ活躍できる選手なので守備と走塁、バッティングの全てが要チェックです。

注目の野手

秋山翔吾

秋山翔吾

最後に注目の野手ですが、これは打者とかぶってしまいますが、やはりセンターの秋山翔吾は外せません。
バッティングでは昨年最多安打で首位打者を取っていますし、守備でもゴールデングラブを取っているので打って良し守って良しの選手です。

松井稼頭央

松井稼頭央

そしてやはり松井稼頭央も注目の一人です。
年齢は42歳ですがメジャーリーグでも活躍した名選手ですし、沢山の経験をしているので若い選手の手本になってくれる事間違いありません。

最後に

埼玉西部ライオンズの2018年の戦力分析をご紹介しました。
松井稼頭央が西部に入ったことでチームがどう化学反応を起こすのか、気になるところです。

楽天TV(旧名:楽天 showtime)で配信が決定したパ・リーグ。 配信が決まりましたので、パ・リーグの埼玉西武ライオンズを調査...