【MLB】ヤンキースの田中将大選手は肘の故障なく今シーズン投げ切れるか?

田中将大選手といえば、野球もさることながら人柄も大変人気のある選手ですよね。
実は、野球のプロスポーツの連続勝利のギネス世界記録保持者ってご存知でしたか?
現在は米へと拠点を移し活躍しています。

今回はそんな田中将大選手について調査しました。

駒大苫小牧高校の田中選手について

駒大苫小牧高校時代の田中将大選手

出典:https://dot.asahi.com/wa/2013111500028.html

高校時代田中選手は駒大苫小牧高校に在籍し、野球部を甲子園に導きました。
田中選手は高校時代からプロに注目される選手で、ストレートの球威変化球のキレ評価が高く多くの球団が獲得に乗り出しました。

駒大苫小牧高校時代の田中将大選手

出典:http://number.bunshun.jp/articles/-/828645?page=2

2年生の秋から主将兼エースを務め3年生の夏の甲子園では見事決勝まで勝ち上がるも、当時体調不良だったので思うような投球が出来ず、斎藤祐樹率いる早稲田実業に敗れ夏の大会3連覇の偉業を果たすことはできませんでした。

東北楽天ゴールデンイーグルスの田中選手について

東北楽天ゴールデンイーグルス入団会見時の田中将大選手(右:野村監督)

出典:https://vokka.jp/3693

ドラフトの結果楽天ゴールデンイーグルスに入団を決めた田中選手は、入団当時から怪物ぶりを発揮してマックス150km/hを超えるストレート多彩な変化球を武器に勝ち星を重ねていきました。
プロデビュー後はなかなか勝ちに恵まれず初めて勝ったのは2007年4月18日のソフトバンク戦で、9回を2失点に抑え奪三振の数も13という申し分のない結果でした。

東北楽天ゴールデンイーグルス時代の田中将大選手

出典:https://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1800X_Y3A211C1000000/

また高卒新人としては松坂大輔以来となるオールスターゲームにファン投票で選出され、緊張感なども全くなくオールスターの大舞台で自己最速の153km/hを叩き出しました。
その年には新人王も獲得奪三振数も196を記録し、高卒新人では歴代4位の記録になり、その他にも楽天時代には開幕から24連勝したり沢村賞を受賞するなど様々な記録を打ち立てました。

沢村賞受賞時の田中将大選手

出典:https://sp.rakuteneagles.jp/news/detail/3641.html

ヤンキースの田中選手について

ヤンキースで活躍する田中将大選手

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/12140748/

2014年1月22日にニューヨークヤンキースと1億5500万ドルで契約し、幼い頃からの夢であるメジャーリーガーの仲間入りを果たしました。
この金額はMLB史上5番目となる数字で、田中選手への期待度が分かります。

ヤンキースで活躍する田中将大選手

出典:https://blog.goo.ne.jp/datian17town/e/1d45b7b5a5893fcec5c45698c3aa2ee6

入団1年目はオールスター後肘のけがをして戦線を離脱したが、オールスター前までは12勝4敗で防御率2.51という素晴らしい成績をあげオールスターも1位で選出されました。
1年目が素晴らしい成績だったので、2年目には日本人で4人目となる開幕投手を務めました。

ヤンキースで活躍する田中将大選手

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/10524146/

翌年の2016年には妻である「里田まい」さんの妊娠が報じられパパとなった田中選手は、その年も開幕投手を務め年間を通し14勝をあげヤンキースのエースとして存在感を日に日に増していきました。

ヤンキースで活躍する田中将大選手

出典:https://baseballking.jp/ns/column/141349

今シーズンの田中将大選手は?

ヤンキースで活躍する田中将大選手

出典:https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/mlb/2017/09/04/150/

今シーズンの田中選手は4試合を投げ2勝2敗とまずまずの成績です。
2敗していますが投球内容は悪くなく、敗戦の中でも感覚に手応えがあり投球を重ねるごとに状態は良くなっているので今シーズンも多くの勝ち星を重ねていきそうです。

ヤンキースで活躍する田中将大選手

出典:https://baseballking.jp/ns/145493

問題なのは肘の状態で過去のシーズン中には何度も故障し手術も行ってきました。
今のところは特に肘に違和感もなく投球できていて、このままの状態で怪我なくシーズン終わりまで投げ切って欲しいです。