読売ジャイアンツの生え抜き選手の星、坂本勇人選手の2018年シーズンは?

巨人の坂本勇人選手ですが、3戦連続猛打賞なるかということが話題になっていますね。
そこで今回は、読売ジャイアンツの坂本勇人選手についてご紹介します。

坂本勇人選手のプロフィール

坂本勇人選手

出典:http://www.giants.jp

坂本勇人選手は高校は東北の光星学院を卒業したものの出身は兵庫県伊丹市です。
有名なエピソードとしてメジャーリーガーの田中将大選手と一緒に少年時代、野球をやっていましたが面白い事にピッチャーが坂本勇人選手でキャッチャーが田中将大選手でした。

高校時代の坂本勇人選手

出典:https://matome.naver.jp

高校時代は甲子園に出場しヒットを打った事もあり、そこで大森スカウトの目に留まります。
ドラフト候補として名前があがりましたが、同世代には田中将大さんは前田健太などがいたため必ずしも評価は高くなかったものの巨人から外れとはいえドラフト1位の指名をうけ巨人入りを果たしました。

坂本勇人選手の特徴

バッティング坂本勇人選手

出典:https://dot.asahi.com

坂本勇人選手の特徴は大きな打撃フォームによるダイナミックなスイングとそれでいてバットコントロールの良さにあります。
打撃フォームが安定しない頃は、多少アッパースイングになってしまい、フライを打ち上げては原監督に怒られ、ヒットゴロを狙うように注意されたものですが、打撃フォームが安定してからは、ボールにスピンがかかるようになり打った球にも勢いがでて飛距離が出るようになった事からホームランの量も増えてきました。


出典:http://number.bunshun.jp

ただ坂本選手はどちらかというとバットコントロールの良さに定評があるため、遠くへ飛ばすというよりは守備の間を狙ってゴロを打つほうが結果が出ています。
インコースを得意としていますが、最近ではアウトコースのボールについても逆らわずに右に流す技術を身に付けた事から手のつけられない選手へと成長しています。

坂本勇人選手の功績


出典:http://team-18.net

坂本選手は巨人の生え抜き選手の星とも言える存在です。
逆指名でもありませんし、巨人以外のドラフト指名があったわけでもなく、当時の東北地方のスカウト担当だった大森さんが発掘した選手です。
高校を卒業して数年間は結果がなかなか出ませんでしたが、当時の原監督が粘り強く使った事もあり、2010年を越えたあたりから頭角を現し、セリーグのシーズン最多安打首位打者を獲得するほどの活躍を見せます。


出典:http://team-18.net

しかもショートのポジションで首位打者になるのはセリーグ史上初めての快挙です。
ショートのポジションには守備が優先されるため、なかなか打撃がうまい選手が現れなかったのが要因の一つですが、坂本選手は今のヤクルトの監督である宮本さんに教えを請うてから守備もうまくなり打撃もうまいつけいる隙のない選手へと成長しました。

今シーズンの坂本勇人選手は?


出典:https://friends.excite.co.jp

2018年シーズンの坂本選手は3番打者としての役割を期待されています。
4番バッターに去年まで中日ドラゴンズでホームラン王になるなど大活躍のゲレーロ選手が座っていて、5番バッターの候補に岡本選手が台頭してきています。


出典:http://bunshun.jp

岡本選手は巨人の大砲として育ててきましたが今年ようやく花が開いてきました。
彼らのように後ろに大砲が2人いますので、この2人につなぐ役割が坂本選手にはもとめられています。
守備の面ではショートは重要なポジションですから高度な技術がもとめられていますが、その期待にも応えてくれるでしょう。