【MLB】元読売ジャイアンツで現在カージナルス在籍の速球投手!マイルズ・マイコラス

元読売ジャイアンツで現在はカージナルスで活躍しているマイコラス。
今回はマイコラスのこれまでと今後をご紹介します。

マイコラスのプロフィール

カージナルス時のマイコラス

出典:https://this.kiji.is/342812032988546145

マイルズ・マイコラスアメリカ出身投手です。
1988年生まれで身長は182.9センチ、体重は99.8キロです。
2009年にドラフト7巡目でサンディエゴ・パドレスに指名されます。
2012年にはメジャーデビューを果たし2013年にパイレーツ、レンジャースと立て続けにトレードされます。

レンジャース時のマイコラス

出典:https://www.excite.co.jp/News/baseball/20171206/Full_count_96536.html

メジャーでの数試合を経て2014年オフに日本の読売巨人軍と契約合意し、2015年にデビュー

巨人時のマイコラス

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/マイルズ・マイコラス

2017年まで巨人でプレイをしました。
2017年オフにカージナルスと契約を合意し、2018年からは再びメジャーの舞台に返り咲きます。

マイコラスの特徴

カージナルス時のマイコラス

出典:https://full-count.jp/tag/マイルズ・マイコラス/

マイコラスは速球を武器に持つ先発ピッチャーです。
直球の催促はジャイアンツ時代に155キロ/hを記録しています。
その他ツーシーム・スライダー・カーブ・スプリットを使いこなし、テンポよく投げ込み日本では31勝13敗、防御率は2.18という好成績を残しました。

マウンド上でイライラした態度を表に出してしまうタイプで、キャッチャーや球審に対して不満を漏らすことも度々です。

イライラするマイコラス

出典:https://www.nikkansports.com/baseball/news/1701811.html

ベンチ裏で物に当たる姿もよく映し出されます。
リザード・キングという愛称を持ちますがこれは、パドレス時代に生きたトカゲの躍り食いにチャレンジし完食してしまったことに由来しています。

高校時代の同級生であるローレン夫人が美人な事でも知られ、日本の芸能界でもデビューを果たしました

ローレン夫人

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BDNshBSEpks

マイコラスの功績

表彰されるマイコラス

出典:https://www.youtube.com/watch?v=gUFeN7afwc8

アメリカではメジャーデビューも果たし勝利も上げていますが、飛び抜けたような成績は残せませんでした。
日本に来てからは圧巻のピッチングを披露しジャイアンツのエースとして活躍をしました。

2015年デビューをしていきなり13勝を挙げます
翌年は4勝に終わりますが2017年は再び復活し14勝、3年で31勝を挙げ、最多奪三振や最高勝率のタイトルも獲得しています。

表彰されるマイコラス

出典:https://twitter.com/hashtag/マイコラス

また月間MVPには2度選出されています。開幕投手を務めたこともあります。

日本での活躍が認められ、2017年オフには複数のオファーがメジャーリーグのチームからありました。
セントルイス・カージナルスと2年1,550万ドルで契約し、2018年からは日本での実績を提げ再びメジャーリーグに活躍の場を移しています。

今シーズンのマイコラスは?

カージナルス時のマイコラス

出典:https://news.biglobe.ne.jp/sports/0410/ful_180410_6673960061.html

2018年シーズン、マイコラスはカージナルスで順調なキャリアを重ねています。
5月5日現在、開幕から6試合に登板し、無傷の4連勝をあげています。
防御率は2.70です。

自らホームランを打って勝利に貢献したり、4試合連続で7回2失点以下のハイクオリティースタートを記録するなどゲームを作る能力の高さが際立っています。
四球も少なく、日本でも見せていたコントロールの良さはメジャーに復帰しても相変わらずです。今後も益々の活躍が期待されています。